rootinnovation
大阪・不動産管理 / 投資・事業用不動産売買 / 賃貸仲介
Root Innovation,Inc.
icon-contact-form
受付時間 / AM9:30 - PM18:00(月曜日-土曜日)
contact-icon 06-6940-7941
スタッフブログ

擁壁がある不動産の注意点

rocamadour-2847343_960_720

先日のニュース

台風21号の影響で、奈良県三郷町の住宅隣接の法面(のりめん)
が崩落し、流れた土砂が線路を塞いでしまうという事態が生じました。

確かに線路が塞がれると、沿線住民の方々の交通手段が無くなるので
大変なことです。

ニュースでも、いつ路線が復旧するのかという話で持ち切りでした。

しかし最もたいへんなのは、崩落した土砂の上方に住んでいる住民
の方々ではないでしょうか。

土砂が崩落してどうなった?

上方にお住いの方々は、法面の途中までが自分の敷地。

それ以下は近鉄が所有している土地でした。

土砂が崩落した結果、上方住宅の基礎杭がむき出しになりました。

それに起因して、土台となる土が流失しているわけですから、
建物も傾く可能性が大いにあります。

 

先述の通り、上方にお住まいの方は、法面途中までが自分の敷地
なので、法面全体を強化したくても、人の土地まで造成することは
出来ません。

事前対策を施すことができなかったということです。

法面や擁壁がある不動産はココを確認

では、法面や擁壁がある不動産を購入する際には、どこに注意すべきでしょうか。

 

まず、法面のどこまでが対象地の敷地なのかは確認してください。
そして、途中までが対象地の敷地なのであれば、対象地以外の法面の状況を確認しましょう。

今回のニュースのように、土むき出しで何の加工もされていないような物件であれば、
専門家に見てもらうことが必須です。

いずれにしても、土砂の崩落で建物に影響がでるか否かのチェックが必要です。

次に、擁壁がある場合。

こちらの場合には、擁壁の状態を確認します。
水抜き穴があるか、ひびが入っていないかなど、注意して観察してください。
遠目からみて、建物に傾きがないかも確認が必要です。
そして、エリア全体が宅地造成等規制法に指定されるエリアに該当して
いるかも確認します。(不動産会社が調査します)
該当している場合、一定の要件を超える擁壁工事をする場合には、
知事の許可を受けなければならず、擁壁完成後には検査済証が発行
されます。

 

検査済証を受けている擁壁であれば、ある程度の安全性が担保されている
というわけです。

 

逆に検査済証がなければ、専門家に確認してもらう必要があります。

 

擁壁のチェックを怠った場合、不動産を購入後、建替え時に擁壁やり替えが
必要となるケースもあります。その際には、膨大な費用が発生してしまう事が
少なくありません。

 

 

また、自治体によっては、【がけ地条例】などを設けている場合があります。

その場合、条例に基づいて建築されているかの確認も必要です。

 

購入したいと思った物件に、法面や擁壁があった場合、
ご自分で必ず確認するようにしてください。

不動産会社が確認を怠った場合でも、結局苦しい思いをされるのは
購入した本人です。

 
是非ともご注意願います。

 

投稿日:2017年11月1日
ルート・イノベーション スタッフブログ

その民泊物件、適法ですか?

 

本日、民泊運営をしている収益物件のお取引が終了致しました。

 

 

大阪市内某所の収益不動産物件で、オーナー様は2階部分ワンフロアで
民泊を運営していらっしゃいました。

 

 

昨今よく聞く「民泊」ですが、民泊を適法に運営するには方法があり、
①旅館業法に基づく許可を取得する
②特区民泊の認定を取得する
上記いずれかの手続きをする必要があります。

 

 

大阪市では、

①旅館業許可を取得している施設は、平成29年9月30日現在で
1139施設あり、

②特区民泊認定施設は、平成29年10月19日現在で
287施設あるそうです。

※大阪市HPより引用

 

 

 
旅館業の許可の中でも、
・ホテル
・旅館
・簡易宿所
と区別されており、

民泊は、【簡易宿所】に該当します。

 

 

本日お取引させて頂きました物件も、こちらの①旅館業に基づく許可

である【簡易宿所】許可を取得されていました。

 

 

 
簡易宿所許可を取得されている物件を売却する場合、
所有権が移転するので、民泊運営主体も変わります。

そのため、再度許可申請(引継申請)をしなければなりません。

 

 
再度許可申請をすると、
保健所、消防署、役所が現地に確認に来られます。

当初の許可通りの内装や設備で運営しているか
チェックするためです。

 

 
申請書を提出し、
現地確認し、
諸々の調整が終了したのち、

新運営者名義で許可証が発行されます。

 

 
今回のお取引では、再度許可申請書を提出してから、
許可証の発行まで、ほぼ1カ月かかりました。
※新規の許可申請であればもっと時間がかかります。

 

 
【簡易宿所】の許可を頂いてる民泊施設ということは、
適法な民泊施設という事です。
適法な民泊施設には、大阪市より添付写真の
適正民泊シールが手渡されます。

 

 
施設利用者は、このシールを見ることで、適法な民泊施設
かどうか判断できるわけです。
※火災など思わぬ事態に遭遇した場合、違法な民泊物件に宿泊していると、
安全性が担保されていませんので、こわいものです。

 

 

 

 

今回のお取引で、
売主様サイドでは
・簡易宿所引継ぎの許可申請
・役所との調整
・民泊運営業務の引継ぎ
などの業務を率先して御手伝い頂き、

 

 

買主様サイドでは、
・民泊代行会社様との連携
・ポータルサイト別運営手法の検討
・役所の許認可関係に起因する条件面の承諾
などをご理解頂きました。

 

 
売主様・買主様の双方にご協力頂きまして、
無事お引渡しが完了致しました。

 

 

弊社としましても、民泊物件の仲介を経験させて頂くことができ、
様々な勉強をさせて頂くことができました。

 

民泊物件のご売却・ご購入を検討されているお客様は、是非一度弊社にご相談ください。適法民泊シール

投稿日:2017年10月31日
ルート・イノベーション スタッフブログ
1 11 12 13 14 15