rootinnovation
大阪・不動産管理 / 投資・事業用不動産売買 / 賃貸仲介
Root Innovation,Inc.
icon-contact-form
受付時間 / AM9:30 - PM18:00(月曜日-土曜日)
contact-icon 06-6940-7941
スタッフブログ

image1

 

まだいる地面師

地面師とは土地等を不動産を利用して
詐欺を働く輩です。

 

最近では
昨年8月2日に積水ハウスが63億円を
地面師にだまし取られたということで
話題になりました。

 

冒頭写真は、
私が先日京都に行った際に
タクシーの車内から撮影したものです。

この写真の看板も、
京都駅近くの良い立地にある駐車場に
設置されていました。

 

ひと昔前の地面師は
法務局備付の登記簿謄本を物理的に改ざん
(謄本原本を抜き取り、自己名義に変更する)して、
所有者になりすましていたようですが、

現在は
登記情報として電子化されているので、
登記簿謄本記載の所有者に
なりすましているようです。

 

不動産取引は、
お客様から「書面が多い」「確認事項が多い」
と煙たがられることもありますが、

安全性を追求すると、
今後もさらに確認事項など増えそうです。

投稿日:2018年3月28日
ルート・イノベーション スタッフブログ

前回投稿した関目シェアハウスの
改装後写真です。

スクラップビルドではなく、
不動産を再生させ、
有効活用する

弊社事業の1つです。

外観1玄関 屋上ランドリー・洗面 屋上 リビング2 リビング1 キッチン DSC_0143 2F トイレ 3Fトイレ DSC_0016_Fotor DSC_0056_Fotor DSC_0084_Fotor DSC_0089 101 201

 

投稿日:2018年3月26日
ルート・イノベーション スタッフブログ

弊社運営の関目シェアハウス。
改装前の写真をご覧ください。
古い文化住宅を再生させました。

P1010272 P1010460 P1010448 P1010429 P1010414 P1010388 P1010380 P1010378 P1010373 P1010368 P1010364 P1010359 P1010358 P1010349 P1010342 P1010339 P1010334 P1010327 P1010325 P1010316 P1010314 P1010311 P1010310 P1010304 P1010291 P1010286

投稿日:2018年3月24日
ルート・イノベーション スタッフブログ

share-1411235__340

 

管理が必要不可欠

弊社は自社でシェアハウスを運営しています。

私が管理担当者として、
入居者の皆さんとやり取りしています。

シェアハウス投資問題などで
揺れ動くシェアハウス業界ですが、

 

今回は現場から生の声をお伝えします。

 

シェアハウスで最も大切なことは
【管理】です。

 

通常の賃貸物件の管理とは全く異なります。

 

シェアハウスでは、
入居者が共用のキッチンやトイレ等を
利用しますので、

 

お互いがきれいに使用するように
努めなければなりません。

 

しかし、人間ですから
なかなかきれいに使用できない入居者の方も
いらっしゃいます。

 

そんな方には
根気強く、しっかり説明し、フォローし、
きれいに使用してもらうように
教育しなければいけない場面もでてきます。

 

【自分さえよければ】という考えは
通用しません。

 

これはどこのシェアハウスでも
一緒だと思います。

 

また、
共同生活の場ですから、
それぞれが不満に思うことも出てきます。

 

その不満に耳を傾け、
解決策を一緒に探していくことも必要です。

 

エネルギーがいることだと思いませんか?

 

だから、
半端な気持ちで投資目的の対象とするような
施設ではないのです。

 

そして、最近聞いた話ですが、
あるシェアハウスで、

 

夜中にお酒を飲んで、
徒党を組んで騒ぎまわる入居者がおり、

挙句の果てに、
女性に対する乱暴まがいの事件も起きたそうです。

 

その時、
管理会社は「注意はしています」
という対応のみだったそうです。

 

ひどい話ですね。

 

シェアハウスを運営する方は、
楽しいことばかりではなく、
時には厳しく注意することも必要です。

入居者の方たちと話をし、
管理者としても皆さんとコミュニケーションを
とることが絶対必要なのです。

 

 

細かな不平不満はどうしても発生するので、
管理者がいかに対応するかで、
入居者の方たちの快適な生活が
変わってしまいます。

 

これからシェアハウス運営を検討
されている方は、

本当に自分にもできるかどうか
今一度熟考したうえで
ご決断ください。

 

投稿日:2018年3月22日
ルート・イノベーション スタッフブログ

tanaka-1621947_1280

 

新設!田園住居地域

都市計画(まちづくりの計画)において、
現在は住居系・商業系・工業系の3ジャンルで
計12の用途地域が定められています。

 

不動産投資家の方であれば、
用途地域は聞いたことがあると思います。

 

閑静な住宅街などのような
第一種低層住居専用地域や、
繁華街のような
商業地域
など、

 

その場所に適した用途の建物を
建てるために、まちづくりとして
用途地域が設定されています。

 

この用途地域ごとに、
建蔽率や容積率などが変わり、
建築可能な建物等異なるので、

 

賃貸マンションを建築したい
投資家の方などは、

 

「用途地域は何か?」

 

ということは必ず確認されている
はずです。

 

今回、その用途地域に

「田園住居地域」

なるものが25年ぶりに新設される
ことになりました。

 

 

定義は、
「農地や農業関連施設などと調和した

低層住宅の良好な住環境を守るための地域」

 

とのことですが、

 

簡単に言うと、
街中にある田等に農家レストランや農業施設など
が建築できるようになるということです。

 

 

建築基準法でいうと、
今まで、低層住居専用地域に建築可能
だった建築物にプラスして、

2階以下かつ500㎡以内の
物販店や飲食店が建築可能です。

 

2022年の生産緑地の期限に伴う策
ですね。

 

生産緑地期限→固定資産税UP→売却→農地減
となります。

 

農地を無くさないように考えた施策
のように思います。

投稿日:2018年3月19日
ルート・イノベーション スタッフブログ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 17